ipadでアプリ開発をしたい人必見「スマートな開発手順を学ぶ」

価格の違い

アプリの平均的な価格

スマートフォン

スマートフォンアプリの価格はiOSとAndroidで異なっている。ある調査によれば、日本でのiOSアプリの平均価格はだいたい200円、Androidではおよそ300円というものがあった。 また、入手自体は無料でアプリ内要素の利用で課金してもらう形態もある。いずれにせよ、数百円台までのワンコインで買えるような手ごろな値段に設定することが、スマートフォンアプリ開発には求められているといえよう。 スマートフォンアプリ開発では、無料と有料で求められる点も異なる。無料アプリの場合は終始無料で利用できることもあるので、いかにお金を使ってもらえるかという工夫が必要になるだろう。対する有料アプリでは、購入自体に課金して良かったと思ってもらえる要素の付加が不可欠と言えるはずだ。

開発を工夫することのメリット

スマートフォンアプリ開発で工夫すべきことは多々ある。中でも、スマホの機能を最大限活用することは重要だろう。例えば、ネット、GPS、電話機能、タッチパネル、持ち運びが手軽な点などだ。 美少女キャラクターの頭を撫でるゲームに不快感があるなどと苦情が寄せられたこともあったが、あの商品もタッチパネルの機能を活かしたものともいえる。この場合、テレビコマーシャルによってそうしたものを求めるユーザー以外に知られてしまったことが問題の原因といえると思われ、こうした機能自体は珍しくない。 そうした点に注意すれば、自身で好みの商品を探して入手することが可能というスマホアプリの性質上適切な品であったと思う。購買層を見極め、発想力を活かしてスマートフォンアプリ開発をしていくことが売り上げや顧客の満足にも繋がっていくはずだ。